セルコホーム

ブランドヒストリー|カナダ輸入住宅No.1のハウスメーカー【セルコホーム】

ブランドヒストリー

The History of The Ideal House.

すべての家族に、「心地よい暮らし」を。住まいの「質」と「価格」を追求し、適正価格を実現。

日本の住宅をもっと強く、もっと快適に

ほんの少し前まで、日本の住宅は「軸組み工法」と呼ばれる、柱で家を支える工法が主流でした。しかしながら、構造体を支えるのは柱と柱の接合点のみということで、この在来工法には、斜め上方からの力や横からの揺れ、ひねりに対して強度的に十分とは言えないというデメリットがありました。

創業以来「すべての人に心地よい暮らしをご提供したい」との想いを胸に歩んできたセルコホームは、この事実を深刻にとらえ、地震をはじめとする自然災害の脅威に常にさらされている日本においては「軸組み工法」よりも、構造を面(壁パネル)で支える「2×4工法」がふさわしいと判断。日本国内で、いち早く2×4住宅の普及に取り組みはじめます。

日本の住宅では実現できなかった質と価格を実現するために、世界を視野にこれからの日本にふさわしい住宅を探し続けた結果、出会ったのが、カナダ輸入住宅でした。

ポイントはコスト・性能・安定性

2×4住宅には、北米系と北欧系の二つがありますが、セルコホームが選んだのは北米系・カナダの2×4住宅でした。カナダの2×4住宅を選んだポイントは、大きく分けて3つあります。

ひとつは、コストです。森林王国カナダは、世界的な木材の輸出国です。供給元であるカナダであれば、他国よりも良質な資材が適正価格で入手できることは間違いありません。また輸送費についても、北欧に比べてコストダウンを図ることが可能だったのです。

二つ目は、性能です。これについては、カナダの厳しい気候風土がポイントとなりました。極寒の地で、住まいの高気密・高断熱が保たれるかどうかは、命に係わる大問題です。最低限の暖房で寒さに耐えられるような高い気密性と断熱性を備えているという視点で検討した結果、日本にはカナダの2×4住宅がふさわしいと考えました。

三つ目は、安定性です。森林王国カナダでは、国家政策による資源確保の思想が徹底しています。たとえば木を1本伐採したら三本の苗木を植林するといった具合に、自然に根差したリサイクル思想が出来上がっているのです。国をあげてのこうした姿勢は、資源供給元として将来的に不安が少ないというメリットがあると考えました。

The Home ps 誕生

1995年、2×4発祥の地・カナダで培った知識と技術を駆使し、セルコホームは他社に先駆けて、高い住宅性能を有する2×4住宅の販売を始めます。

―The Home psです。

The Home psは、単なる2×4住宅ではありません。2×4工法は、断面2×4インチの構造材を使用することからこの名称がつけられていますが、The Home psはこの重要な構造材に、2×4構造材の約2.5倍の強度を持つ2×6構造材を採用。住宅の強度や耐震性をさらに高めているのが特徴です。さらに湿度が高い日本の気候風土に合わせて、さまざまなカスタマイズも行っています。

The Home psは、世界水準の住宅性能を有しながら、セルコカナダホームの活動により適正価格を実現するなどセルコホームが掲げるGood Quality Good Price Good Designというコンセプトを体現した商品として、発売と同時に多くのお客様にご支持をいただきました。それは日本におけるスクラップ&ビルドの時代が終わりを迎え、日本の住宅業界に、高い住宅性能を備えた住まいを適正価格で手に入れることができる新たな輸入住宅市場が誕生した瞬間でもありました。

貿易貢献企業として「通産大臣賞」を受賞

The Home psの販売開始から2年後、セルコホームは栄誉ある賞を受賞します。カナダ輸入住宅の供給実績が国内№1となったことが認められ、貿易貢献企業として「通産大臣賞」を受賞したのです。現在もなおセルコホームは、カナダ輸入住宅の供給実績国内№1を維持。これまでに供給したカナダ輸入住宅、は、約1万7000棟以上にも上っています。

質の高い住宅を、適正価格でご提供すること。それが、セルコホームの永遠のテーマです。セルコホームは、すべての家族に心地よい暮らしをお届けするために、ますます多様化するライフスタイルに対応しながら、さらに進化を続けてまいります。